読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性に防犯ブザーはいらない、のか

こんにちは寺本です。

↓↓本を読んでいろいろと考えたんですが、

そういえば前に働いていた鉄道会社でこんなこともありました↓

 

防犯訓練「女性のみ参加」

防犯ブザー配布「女性のみ」

防犯スプレー「女性のみ」

 

 

つまり、上層部は

「女性は何かあったら大変だからうちの会社はちゃんと適切に守っていますYO」

と言いたいんだと思うんですけど…

 

 

イヤイヤイヤ、これおかしくないですか?

 

たとえば、電車の中大暴れしてるイカレ野郎に遭遇する確率だけなら、

男性職員の方が人数多いんだから男性の方が遭遇するでしょ。

 

これ、男性も同じ待遇必要なんじゃないですか?と上司に言うと

「男は大丈夫」という謎の主張をされてだめだこりゃ状態だったんですが…

 

 

要するに

「女性は非力で助けてあげなきゃいけない」

「男性は強いのでキ○○イがいるかもしれない環境に放り込んでもOK」

 

これって二重の意味で差別してますよね。

しかも、

 

「男は強くあれ」っていう主張をされ続けるのもつらいですし、

その主張を受けた後で何が発生するかというと

「俺は男だ!男は強いんだ!!」という男性が

「お前は女だ!女は弱い!!」言ってくることは割と簡単に想定できます。

 

いやいや、ナイフを持ったキ○○イの前には男性も女性も関係ないですよ。

 

日本の女性がグローバル社会で戦う方法

日本の女性がグローバル社会で戦う方法