読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初詣に行ったら戦争はなくならないと実感してしまった話

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

今日は、近くの大きな神社に参拝してきました。

 

 

警察官や警備員が動員され、入場規制されるほどの混雑…

 

そこそこ朝早めに出かけたんですが、それでも結構な混みっぷりでした。 

 

 

そこで、参拝客の列を横切るように一人のおじいさんが歩いてきました。

 

他の人は、邪魔にならないよう速足で通り抜けるのですが、つえを突いたおじいさんは

砂利道を歩くのがきついらしく、途中で立ち止まっては横切ろうとするので、

参拝の人もよけたり、少し道を開けたりしてたんですね。

 

すると、警備員から

「お通しするので少しお待ちください」と

参拝者の通行を一時規制されました。

 

 

そのとき私たちの前にいた中年の団体が

「何あれ、あんなんなら参拝なんかきちゃだめよ」

「あぁやだやだ、迷惑になっているのが分かんないのかしら」

「あの人がいるせいで先に進めないじゃない、ちょっとどうにかしなさいよ」

と、ブツブツ、結構な声で言いだしたんですよね。

 

 

それを聞いて、私の連れは

「…ほんと、戦争はなくならない」

とつぶやきました。

 

この人たちには

・自分たちも年を取っていくこと

・自分たちも人を待たせたり「迷惑」をかける可能性があること

・自分たちの発言で周りがどう思うか

これらの想像力が欠如しているんでしょう。

 

別に、待てばいいじゃないですか。おじいさんが通るのくらい。

 

その分の時間でどれだけの損をするんですか。

 

 

しかも松の内に人に向けて言う言葉ですか。

 

 

こういう発言を聞くと、あぁ戦争ってなくならない。と思わずつぶやきたくなるんですよね。