読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイで朝4時から大音量で隣の家のラジオを聞いていた頃の話。

こんにちは、 寺本桃(てらもともも)です。

 

最近ラジオ FM - Google Play の Android アプリをつかって、タイのFMラジオを聴きながら仕事をしています。

 

 実は、私は11年ほど前にタイに行ってまして。

 

何をしていたかというと、いわゆるよくある大学生ボランティア…

 

にしては、現地のスラム街に行ったり、

子供と一緒に高床式倉庫みたいな家に寝泊まりしたり

夜道を歩いていて野犬に殺されかけたりしましたので、

履歴書に書きたくてやっただけ~というには

あまりにハードコアなボランティア活動でして。

 

でもそのおかげで

「とりあえず寝るところと食べ物があれば生きていける」という

謎の自信をつけることが出来たのも事実。

 

 

ただ、そこで我慢ならなかったのは、私たちの寝泊まりする小屋の隣の家から

毎朝4時きっかりになると必ず大音量でタイのポップスが鳴り響き

それが深夜までやまなかったこと。

 

 

大音量っていうのは、隣の家なのに歌詞が聞き取れる、

聞き取れるどころか、余裕で一緒に歌えるくらいの音量。

 

しかもそれが毎日毎日繰り返されたわけで。

 

冗談じゃなく、帰国して一週間くらい毎日かかっていたタイポップスの

幻聴に悩みました。

 

 

でも、あのときの真っ青な空とかスコールとか

子供とギャーギャー走り回った日々を思い出すと元気が出るんですよね。

 

だからついつい、

「当時の曲かからないかな」

と思って、タイのFMに聞き入ってしまうんです。

 

 

 会社にバレずにコーチとして働きたいあなたはここをクリック!